遺品整理は大切な仕事

遺品整理は誰かが亡くなった事で、突然訪れます。
自分や誰かが亡くなるということは、あまり考えたくないことですが、死をいうのは避けられることではありません。
もし、あなたの大切な人が亡くなってしまったら、いつまでも悲しみで落ち込んでもいられないのです。
亡くなった故人のために、しなければいけないことはいろいろあるからです。

まず、故人のために通夜・葬儀を済まさなければなりません。
葬儀のあとも、香典返しや故人の勤務先の整理や遠方の友人への連絡、埋葬費用・葬儀費用のやりくり、国民年金手続きなどの事務作業などやることはいろいろあります。
もちろん、遺品整理もかかせない作業です。
reargea
故人が遠方に住んでいる、自分の仕事で遺品整理をやる暇がない人もいるでしょう。
遺品整理は、葬儀などと違って厳密な期限があるわけではありません。
そういった理由で、遺品整理を後回しにしてしまう人もりでしょう。
ですが、きちんと遺族や親戚と話をして、スケジュールを組んでおくべきです。
故人の遺品を整理するのは、悲しい時期にはしたくないでしょうが、遺族の気持ちを整理する上でも重要です。
ですから、遺品整理は後回しにしないで、スケジュール通りに行いましょう。
そんなひとは、遺品整理の業者にお願いするのも一つの方法です。

遺品整理する場合の注意点など

遺品整理を依頼した場合ですが、少しだけ気をつけないといけない事があるようです。

それは法にも関わってくる事なので、大事ですよね?どのようなものなのでしょうか?

  • 遺品整理を依頼する人について
  • 遺品整理をする際の2パターン

遺品整理の業者へ依頼するという事はそう何度も人生でないと思いますし、始めて利用する人がほとんどだと言われています。

そしてもし亡くなった方が遺言書などを残していた場合では扱いが変わってくるので、みてみましょう。

まず遺言書に従って形見などをどうやって分けるのか?という事は大事ですので全ては遺言書通り動く事になります。

そして遺品整理をしている時に遺言書が出てきた場合はすぐに中身が気になってあけてしまいがちですが、勝手に開封しないように気を付けなければいけないようです。

それは相続人の立ち会いする場で開けるという決まりがあるからなので、遺品管理の業者も遺品整理費用の事はしっかり把握しているかどうかを知る必要があります。

もし知らずに勝手に開封してしまった場合でも、5万円以下の罰金を支払わなければならなくなってしまうので、くれぐれも注意したいところですね。

そして破棄したり、改変した場合などではさらなるペナルティが課せられるので注意してください。

遺言書とはそこまで威力のあるものになります。

遺品整理業者を探す方へ

  • ネットで業者選び
  • どんな時に遺品整理サービスを利用するの?
  • 遺品整理が必要になる場合とは?

更新情報

△PAGE TOP